小学校通学用リュック(軽量)を低価格で販売!ランドセルの代わりにリュックがおすすめ メリット・デメリットは?

ランドセル代わりに小学校通学用リュックが注目を集めていることをご存知でしょうか。

小学校の通学カバンについて、学校によっては指定のランドセルが用意されているところもありますが、一般的に色や形などの規定はありません。そのため、ランドセルだけではなく小学校通学用リュックも選択肢に入れて、お子様にはどれが最適かご検討ください。

こちらでは、リュックがランドセルの代わりとして注目される理由やリュックを使用するメリット・デメリットについて解説します。

ランドセル代わりに小学校通学用リュックがおすすめ!注目される理由とは?

青いリュックを背負って走る女の子

ランドセル代わりの軽量リュックは、なぜ注目されるようになったのでしょうか。以前、小学生のランドセルが重いと話題になったことから、2018年に文部科学省が公式に置き勉を認めました。

また、コロナの影響で置き勉を許容する小学校も増えており、「従来型のランドセルではなくてもよいのではないか?」という気付きが広まったことが要因と考えられています。今後もアフターコロナで、オンライン授業やタブレットを活用した学習などの需要が高まることが予想されます。

そのような変化に合わせて、ランドセル代わりの小学校通学用リュックを選ぶご家庭も増えているのです。さらに、最近はお子様の個性に合わせて選ぶケースも見られます。

レインボーガールでは、ランドセル代わりのリュックをお得な価格で販売しています。A4サイズに対応しており、14インチのタブレットも収納できます。他にも、コンピューターポケットなどがあり、荷物が多くても安心です。

ランドセル代わりにリュックを使用するメリット・デメリットは?

メリットとデメリットの文字

ランドセル代わりに小学校通学用リュックを使用するメリットやデメリットには何があるのでしょうか。

メリット

  • 低価格
  • 買い替えしやすい
  • 軽量
  • デザインがおしゃれ
  • 塾などにも使用できる

デメリット

  • 耐久性がランドセルに劣る
  • クッション機能が弱いため、安全面の不安がある

小学校通学用リュックは低価格かつ軽量なものが多く、最近は6年間使用することを前提に、耐久性やクッション機能などが向上したナイロン製リュックも登場しています。ナイロン製リュックは通気性もよく、夏は厳しい暑さになる日本において、快適に使用することができるでしょう。

また、通学用ランドセルを使用する中で、お子様がデザインに飽きたり好みが変わったりすることもあります。成長に伴い、今まで使っていたリュックだと小さいと感じることもあるでしょう。そのような場合も、小学校通学用リュックは安価なものが多いため、気軽に買い替えることができます。

このように、小学校通学用リュックには様々なメリット・デメリットがあります。

ランドセル代わりにリュックを使用する際にはメリット・デメリットを比較したうえで、最適なリュックを選びましょう。

通学用ランドセルの代わりに軽量・低価格のリュックを選ぶならレインボーガールへ!

小学校=ランドセルというイメージがありますが、一般的にランドセルに関する規制はありません。そのため、ランドセルの代わりに小学校通学用リュックを選ぶのもおすすめです。メリット・デメリットを比較し、最適なリュックをお選びください。

ランドセル代わりのリュックをお探しの際は、レインボーガールの商品をご覧ください。軽量で低価格のリュックを販売中です。可愛らしいデザインと快適な使用感にこだわったリュックを、ランドセル代わりになる通学用リュックをご使用ください。

小学校通学用リュックをお探しの方におすすめなお役立ち情報

ランドセル代わりのリュックを購入するならレインボーガールで

サイト名 レインボーガール|RainbowGirl
会社名 株式会社きつつき工房
代表責任者 青嶋晋平
住所 〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町17−2 兜町第6葉山ビル4階
電話番号 03-6739-3056
メールアドレス info@rainbowgirl.jp
URL https://rainbowgirl.jp/
営業時間 平日10:00~17:00
定休日 土日・祝日、その他不定休